FC2ブログ
プロフィール

百海

Author:百海
百海(ももみ)と申します。ホミンペンです

死神の恋 4




ユノの底知れない悲しみと寂しさが
チャンミンを支配しようとする

あなたみたいに強く見える人に
どんな過去があったのだろう


ユノは優しくチャンミンを抱く

人間の機能を持たないチャンミンの体でも
ユノの優しさとその色気に翻弄されそうになる

いつまでも…このまま抱かれていたいような…

途中からはチャンミンの方からも口づけて
ユノの劣情を煽った


散々密着し続けて、ふと気づくと
ユノはチャンミンの隣でスヤスヤと寝息を立てていた

薄暗い照明がユノの顔に陰影を作り
その顔立ちをより凛々しく見せている

チャンミンは半身を起こして
ユノの顔をながめる

綺麗な顔…

そのスッキリとした鋭角なアゴのラインを
指でそっと撫でた

男らしい眉、切れ長の瞳、高い鼻筋…

そして…少し厚めの唇がアンバランスだ

チャンミンはその唇にも触れてみた


そしてユノの胸に手を当てて
目を閉じた

ユノ…

あなたの悲しみを僕に見せて…

神経を集中させたチャンミンは
眉間にシワを寄せはじめた

聞こえる

幼き日のユノの声?


" お母さん "

" お母さんなんていない。 誰も迎えになんて来ない "



あまりの暗い悲しみに
チャンミンは思わずユノの胸から手を引っ込めた

なんて闇だ…

チャンミンは恐る恐るもう一度ユノの胸に手を当てる


" この泥棒!"

" こんな幼いのに人を騙すなんて
ロクでもない子だね!"


チャンミンは目を閉じたまま、さらに眉間にシワを寄せた…


" ルカ! "

" ユノヒョン…"

" ルカ!大丈夫 だから…ヒョンがついてる "

" ヒョン…ごめんね "

" ルカ!"


ハッとしてチャンミンはユノの胸から手を引いた

あまりの悲しみの深さに
同調してしまったチャンミンは溢れる涙で頬を濡らしていた

なんてことだ…

なんて深い悲しみ

底知れぬ寂しさ…


この人に…何があったのだろう

カン牧師が話していた

ユノの人生は、何もいい事がなかったと…

きっとルカというのはユノの大事な存在で
それを失ってしまったのだろう

そんな悲しみを抱えて
あなたは何故、そんなに美しく微笑む?

何故そんなに優しく僕を抱く?


チャンミンは涙をぬぐって
そして寝ているユノにそっと抱きついてみた。

ふわっとユノの体温に包まれた

懐かしいような恋しいような…不思議な感触

その厚い胸に耳をあてて
穏やかな鼓動を聞いてみる。

こうやって人間の鼓動を聞くとチャンミンは落ち着く

それは生きている証
限りある命の時計を刻んでいる音

やがて、チャンミンの背中にそっと手が置かれた

ユノ?

チャンミンが身体を起こして上からユノを見た

「起こしちゃった?」

「お前、甘えてんの?」

「え?」

「俺に抱きついたりなんかして…」

「普通、しませんか?」

「チャンミン、お前、売れっ子だろ」

「僕?」

「ああ、可愛いもん」

「そうですか?」

「普通はさ」

「はい」

「客にはキスさせないんだぜ?」

「あ……」

「身体だけ売って、心は売らないだろ」

「キスしたら…心が通ってしまうから?」

「そうだよ、それ常識」

「僕は…」

「ん?」

ユノの笑顔が爽やかで優しい
そのことが無性に悲しくて辛くて、なぜか愛しくて
チャンミンはどうしていいかわからず

いくらかムッとしながら答えた

「キスなんかで心を奪われたりしないんです」

「バーカ」

「ば…」

「バカだな、心を奪われるのは客だよ」

「キスで?」

「そ」

「試して…みますか?」

「え?俺がお前に心奪われるかどうか?」

「そうです」

そう言うと、チャンミンはユノの頬を手で包み
そっと唇を重ねた

優しい時間が再び流れた

キスで…あなたの心が奪えるのだろうか

そんなことして、何の意味があるだろう

この人は近いうちにこの世界から離れる

僕はあなたに拘束着を着せて
手足を動かなくさせて

そして、闇へと葬らなければならない


キスを深くしていくと

再び…チャンミンの心にユノの悲しみが伝わってくる


" ルカ…"

悲しそうなユノの声…


だれ?

ねぇユノ

ルカってだれなの?


チャンミンはそっと唇を離した

「泣いてんの?チャンミン」

「え?あ…」

ハラハラと流れる涙を
チャンミンは手でぬぐった

その手をユノにそっと掴まれた

「綺麗だよ、お前」

「……」

ユノは優しそうに微笑んだ

「やべぇな、俺」

「?」

「お前に気持ち持ってかれたかも」

ユノは自分の胸をトントンと叩いてみせた

「そんな…」

「いや、結構マジ」

ユノはチャンミンの後頭部を優しく抱くと
くちづけを深くした


ユノ…

僕もヤバイかも…です







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
検索フォーム
ブロとも申請フォーム