FC2ブログ
プロフィール

百海

Author:百海
百海(ももみ)と申します。ホミンペンです

同窓会へ行こう 〜後編〜




〜〜ユノside〜〜



俺は店を後にして駆け出した

ドンへの言う通りチャンミンの会場の側に店を予約してた。
バレてたけど、そんな事はどうでもいい

夜の繁華街を走り抜け
ライブハウス会場の前にたどりついた。

酒呑んで走ったからかなり気持ち悪い

でも、チャンミンが…とられちまう前に!

入り口にいた同窓会の幹事らしき人に
声をかける

「あの…シム・チャンミンを呼び出してもらえませんか?」

「マイクで呼び出しとかできないから。
なんならシムのツレってことで、入っちゃってくださいよ。
アイツ1人で来てたから。」

おいおい、セキュリティもなにもないな。
まあ、今はありがたいけど。


まるでダンスパーティのような騒がしさの中、
チャンミンを探し回った

いない…

どこだろう…


すると奥まったところに
ソファブースがあって

そこに両手で片頬を押さえうずくまる男と
立ち上がって怒りに震えるチャンミン

何があった?

可愛い顔が今まで見たことのないような
鬼の形相に変わってる

俺は恐る恐る近づいた


「チャンミン?」

はっと我に返って俺をみるチャンミンと
俺を見上げて、慌てて逃げる男。

とっさに、俺はそいつの首根っこをつかんだ

何があったかわからないけど
こいつがチャンミンを怒らせたに違いない
どう見ても、チャンミンがコイツを殴ったのだ

チャンミンが人を殴るなんてよっぽどの事だ

「ひぃーごめんなさい!」

両手で頭を抱えて俺から逃げようとする男

「ごめんなさいって、コイツなに?」

「ほっといて!その手離して」

「はあ?」

俺が手を緩めた隙に、そいつは逃げて人混みの中に紛れてしまった。

「いいのか?あいつと揉めてたんじゃないのか?」

「キス・・・してきたのっ!」

「あ?!」

「…………」

「ちょっと待てよ…キスってなんだよ。
なんでそんなことになるんだよ」

「そんなことって?」

「キスさせたのか」

「キスしてきたんだってば!」

カァーーーーッと音がするかと思うくらい
俺の頭に血が上った


「なに隙みせてんだよ、お前」

「え?」

「隙がありすぎんだろ」


俺のイライラが止まらない
いつもこんな感じでフワフワしてるから、
俺が影でいろいろ大変なんだ



「ユノ…ひどすぎない?」

チャンミンの大きな瞳が水を湛えたと思ったら
ポロポロと大粒の涙が溢れ出した

昔はよく泣いてたチャンミンだったけど
久々にその涙を見て、俺は動揺した

じっと俺を見つめるチャンミン

「僕が…悪いの?」

「いや、悪いとかじゃなくて、まずは隙を見せんなって話」

「じゃあさ、周り見て」

「周り?」

「カップルだらけでしょ
なんでかわかる?」

言われてみたら、まわりの半数くらいは基本カップルで過ごしている。

なんか同窓会っぽくないと思ったら…


「今日は、自分のパートナーを同伴してオッケーだったんだ」

え?!マジか………

「じゃあ、俺を連れてくればよかっただろ」


「合コンだったでしょう?」

「あ………」

「誘おうとしたら、呑み会あるって
すかさず言ったじゃん。
他の誰か誘えばよかった?
しかたなく僕は1人で来たんでしょう?」


そうだったのか…
この場所を把握するために、内緒で招待状みたけど
地図だけ別紙で、そのことわからなかったな…


「ユノじゃない男にキスされて、ショックうけてるのに
僕が悪いみたいな言い方…
自分は合コンで隙だらけのくせに」

涙とともに、顔を歪めたチャンミン。

マズイ…

これはマズイ。

俺に非がありすぎてどうしたらいいんだ。

謝らなきゃならないのに
この後に及んでプライドが邪魔して
なにも言えないバカな俺。



その時、会場が真っ暗になり
大きな音楽とともにアナウンスが流れた

「さあ、みなさん
今日はダンスパーティですけど、実は同窓会だったんですねー
恋人自慢や出逢いの場ではないんですよー」

周りがドッとウケた。

それどころではない俺たちにスタッフがきて

「スライドショー始まるから座ってくださーい」

と肩を押されて、ソファに座らされた

とりあえず、座る俺とチャンミン。

「みなさんから集めた、あの頃の画像をスライドショーにいたしました。
今日はカップルの方もたくさんいらっしゃいますね!
あなたの過去をここで曝けだしちゃいます!」

そして、一瞬なんの音もしなくなると
静かなピアノの曲と共に

スライドショーが始まった

次々と現れる、楽しそうな学校生活

俺はチャンミンの姿を探した

高校生の時に俺と出会ったチャンミン

中学生の時には、女の子より男の子が好きだと
自覚していたって言うからこの頃か。。

今より幼い、女の子より可愛いチャンミンが
たくさんいた。

今の方が綺麗だけれど
その笑顔はまったく変わらない。

なにが楽しいんだか
眉が段違いになって笑っている

可愛い…そして今、こんなにも愛しい


俺はなにをカッコつけていたんだろうな


俺以外とのキスは出来ないっていうチャンミン
それだけで十分だろ。


最後に卒業式は動画で映し出された

「俺とチャンミンが出会ったのは
この2〜3年後くらいか…」

「ユノは僕が初めて美容院に行った時の
担当だったね」

「シャンプーだけな?」

「フフフ…そうだね」


動画は音楽とともに終わったけど
俺たちのスライドショーはずっと続いてる

11年間もだ

俺はたまらない気持ちになった。



「ねぇ、そういえば」

「なんだ?」

「ユノ、なんでここに来たの?」

「え?!!!!!!」

「合コンなんでしょ?」

「あ………えっと…」


そこでまたいい感じのバラードが流れてきた

「さぁみなさん、楽しかった同窓会も
そろそろお開きです♫
最後はカップルでしっとりと音楽に身を委ねてください。
相手がいない人はほら、その辺の独り者をつかまえてね♫」


MCグッジョブ!


「とりあえず、フロア出ようぜ?」

「ユノ……」

俺はチャンミンの手を引いて
フロアに出た

みんなカップルでダンスというより、
ただ抱き合ってるだけ

だから、俺も手を引いて
チャンミンをそっと抱き寄せた。

恥ずかしがるチャンミンが超絶かわいい

そして、俺の肩に手を乗せて
そのまるい頬をあずける

「ユノ」

「なんだ?」

俺はそうしていても、
ここに来ている言い訳を懸命に考えていた

「今日、ここに来てくれてありがとう」

「あ、そ、それは、あの…」

「理由なんかどうでもいい」

「チャンミン…」

「ありがとう
ユノと来たかったから、うれしかった」


可愛くて泣けてきそうだ


「………チャンミン、俺さ」

「ん?」

その可愛いバンビアイが俺を見つめる

「俺さ…お前を取られるのがいやだったんだ」

「は?誰に?」

「初恋のヤツとか、いろいろ
お前、モテるからさ…」

チャンミンはびっくりした顔で
固まっている

「僕がモテる?」

「そうだよ、俺、実は気が気じゃないんだよ、毎日」

「あの…僕がモテるなら
ユノのモテっぷりはなんて言うの?」

「は?なにが?」


チャンミンはため息をついた…

「みんながユノを狙ってるから、
僕だって気が休まることがないんだよ」

「え?誰もなにも言ってこないぞ?」

「僕が片っ端から牽制してるからだよ!」

「あ、それ俺も!」

「え?マジで?」

「あ………うん…」

「え?ユノがやきもち?ありえない」


今度は俺がため息をついた…

俺は今まで、大きく間違ってたかもしれない…


突き放して追わせるんじゃなく
しっかり捕まえとかなきゃいけなかった。

「僕なんか、ユノに飽きられないように
しょっちゅうヘアスタイルも工夫してさ」

「そ、そうなの?」

「プロなのに、わからなかった?」

「そのままを愛してるから、そんなことは…」

「え?なに?もう一回言って!!!!」

「あ、え?なにを?」

「音楽終わる前に言って!
そのままを、なに?!!」


必死なチャンミン…

へんな小細工や演技しなくたって
ありのままの俺でも
お前はそばにいてくれるのかもな。


「愛してるよ、チャンミン
出会った時から、ずっと愛してる
チャンミンに夢中なんだよ、俺」

「じゅ、11年間も?…」

「ああ、そうだよ。」

チャンミンの目からブワッと涙があふれた

「今まで、どうして…」

「カッコつけたかったんだよ
カッコよくないと、お前に飽きられると思ってた」


「誕生日だって、2人の記念日だって
いつもつまらなそうで…」

「実は何日もかかって、店選んでたんだ
ロケハンしたりして」

「えーーー?!ほんと?」

「さりげなくいい店知ってる風で
その方がカッコいいかなって。」


「ユノ…僕も…そんなユノにウザがられないように
もう必死だったよ。

ベタベタしたら、いやがるかなって
いろいろガマンしてたんだ」

「そうだったのか?!」

「これからは、うんと甘えていいってこと?」

「チャンミン…当たり前だ…
甘えさせてやるよ、いつでも」

「うれしい!ユノ大好き」

とっくに音楽は終わっていたけれど
チャンミンと俺はフロアで抱き合っていた

そんなのは誰も興味ないようで
半分は帰りはじめていた


よし、決めた…

これからは、クールじゃなく包容力のある男だ
いつでもチャンミンを甘えさせる
そんな男をめざすぞ!



「チャンミン、キスしてやろうか?」

きまった!ナイス俺

「ユノ…うん…キスしてほしい」

俺はそっと、チャンミンのアゴを指ですくい
その期待でいっぱいの唇にキスをした。

すかさず、チャンミンは俺に抱きついて
更に深く口づけてきた


「チャンミン、ちょっと…」

俺はチャンミンの肩を離した

「なに?」

うっとりと、まだ口づけの甘い夢の中のチャンミン


「舌入れたりするのは、俺からだから」

「は?」

「そういうのは、俺から!」

「………」

なぜか絶句していたチャンミンは
フッと微笑んで

「はい、舌を入れるのはいつもユノからね?」


そう。チャンミンよくできました^ ^



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

COMMENT

No title

同窓会行って、地固まる?(笑)
舌はユノからなのね。りょーかい。(笑)
百海さん、短編もいいね。
気持ちよく読ませていただきました。

No title

こんばんは~♪

あっま~い♡
えっ⁉2人のイチャイチャシーンにみんな興味ないのぉ⁉
私だったらガン見するわぁ‼
帰るなんて‼勿体ない‼
ユノさん素直になれてよかったぁ♡
そうそう‼どんなユノさんでもチャンミンは大好きだとおもいまぁす♡べた惚れ同士のバカップルですもんね♡

百海さま♡
とても楽しく可愛い素敵なお話を本当にありがとうございました<(_ _)>

おぅっふ……

チビリそうなのを堪えて……解禁されたコンニャンコんニャンを、1ギャラリーとして至近距離でガン見して参ります。

い、1位!1位ですよぉ~!!!

おめでとうございます!百海さん!ランキング1位ですよ!

うれしい!

そして、同窓会!良かったです。
チャンミンがどんな周りの女の人より可愛いか、そして美人か。やきもきしてるクールを装うユノ。

前編後編で終わってしまうの勿体ないです!

素敵な企画を読むことができて、本当に良かったです。

百海さん、体に気を付けて、自分のペースでいいのでこれからも宜しくお願い致しますm(__)m

おはようございます♪♪

いっきに2話読んできました(●´艸`)ムフフ
いっきに読んできて正解*\(^o^)/* 2人が可愛すぎて後編がきっと待てなかったです(♡ >ω< ♡)

チャンミンのこと好き過ぎて「余裕のユンホ」を演じてたユノや、ユノがモテすぎるからかたっぱしから牽制してるチャンミンや…本当可愛い♡
11年一緒にいると苦労するね(●´艸`)ムフフ 実はずーーっと2人は同じ気持ちだったのにね(♡ >ω< ♡)

アリーちゃんの画像ぴったりなお話しでした〜♪♪
素敵なお話しありがとうございました♪( ´▽`)

り@@@@んさま

コメントありがとうございます

よかったですか?
ホッとしました^ ^

723621mamさま

コメントありがとうございます

短編よかったですか?
難しかったですけど

書き上がってみたら楽しかったです

またその機会がありましたら
読んでみてくださいね

み@@さま

コメントありがとうございます

チャンミンがあまりにキレイで
キスしちゃうのもわかるけど

チャンミンはユノのものですからねー^ ^

これからもお互いほどよくさらけ出して
仲良くしてもらいたいですね

舌はどっちでも良いんじゃない!!( ̄∀ ̄;)

百海さん 馬鹿っプル!!仲直りしましたね!
チャンミンの若い時のスライドショー
あたしも見たかったわ( ・ิ౪・ิ)wwwwww
舌は俺からって!ユノさん。:+((*´艸`))+:。
リードしたいのね( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)( ・ิ౪・ิ)
あーー11年間も飽きずにもっともっと
好きでいられる馬鹿っプルにカンパイ!!🍻♡

ホ@@イさま

コメントありがとうございます

感想はコメント入れさせていただきましたが
楽しかったですね^ ^

また是非ご一緒させていただきたいです。


し@んさま

コメントありがとうございます!

今回ご一緒させていただき、
ほんとうにありがとうございました

素晴らしい書き手様と名前を連ねることに
怖気付きましたが

終わってみるととても楽しかったです。
同じ画像でいくつものお話ができるなんて
素敵ですね。

またご一緒できたら嬉しいです。

ありがとうございました。

n@oさま

コメントありがとうございます

そうなんです^ ^
11年たってもお互い大好きという
リアル設定なのです

カッコつけユノさんと
ツンデレチャンミン♡

Aliさま

コメントありがとうございます

こんなのでよろしかったでしょうか?
という気持ちでいっぱいですが

とても楽しかったです。

画像を拝見して、
すぐにチャンミンはモデル
ユノさん美容師で、キャラ設定は決まりました

それくらい素敵な画像でした。

今度ぜひ、画像を使わせていただけたら
うれしいのですが。

そのときはどうぞよろしくお願いいたします

ジェイソンさま

コメントありがとうございます

とっても面白いコメントに
爆笑しました^ ^

チャンミンから舌をいれないように
注意して拝見したいものです笑

nonnonさま

コメントありがとうございます

ランキングを喜んでいただいてうれしいです。

実はnonnonさんからコメントいただいたとき
私も起きていてすぐスクショさせていただきました。

ありがとうございます

同窓会へ行こう
よかったですか?ホッとしましたー

やっぱり短編まとめるのが難しくて
雑にならないか気になっていたのです

カプリコさま

コメントありがとうございます

Aliさまのチャンミン、超絶美しかった!
ユノさんに溺愛されて輝くチャンミンです

2話まとめて読んでいただいたのですね
結局、後半に話が動く形だったので
そのほうがわかりやすかったかもです。

短編もいいなぁ、と思える企画でした
読んでいただいてありがとうです

くみちゃんさま

コメントありがとうございます

あくまでも優位にたちたいユノさん。
チャンミンの方が少しオトナですねぇ

ありのまままでいくことにしたユノさんなので
馬鹿ップルぶりはエスカレートしそうです笑

こんにちは^_^

11年経ってもお互い夢中だなんて素敵ですね♡
しかもお互い色々すれ違って(⌒-⌒; )素直になれて良かった!

今回企画に参加してとっても楽しかったし、百海さんとも出逢えて嬉しかったです!
またお邪魔します。今後も仲良くして下さると嬉しいです^_^

え@@ぎさま

コメントありがとうございます

今回は私などに声をかけていただいて
本当にありがとうございました。

最初書き始めたときには
とても前後編では終わりそうになく焦りました💦

仕上がってアップの準備が整った時に
え@@ぎさんのところにお邪魔したら

やっぱりチャンミンがモデル設定になってる(≧∇≦)
となんだか楽しくなってしまいました。

Aliさんのチャンミン、美しくて
まずチャンミンがモデル、というところからスタートしてしまいました。

今、こんな話が読みたい、と思っていたものを
順番にお話にしている作業の真最中という感じです。

私のお話は幸せ感より切ない感の方が多くて
途中でリタイアされる方もいるのですが
そこはごめんなさい、ということで
好きなように書いてしまっています。

なので、共感してもらえたり、いいと言ってもらえると
本当にうれしいです。

でも、全部書き上げてしまったら
どうなるのかな?とふと思います。

パッタリとやめてしまうのかもしれないし、
それとも、この2人への妄想は枯渇することがないのかな?とも。

とりあえず、時間の許す限りマイペースで
楽しみたいと思います。

また新連載の時を楽しみにしています

今回は本当にありがとうございました
また是非ご一緒させてください

ゆん@@@みさま

コメントありがとうございます

今回はご一緒させていただき
本当にありがとうございました

私も今回のことをきっかけに
お邪魔させていただき、

それまでのお話も少し読ませていただいて
すっかり引き込まれてしまいました(≧∇≦)

他の方のお話読むと
影響受けてしまうというところ
よくわかります。

話の筋まで似てきてしまうのでは
という不安もありますよね
今度、こういうの書きたい、と思ってしまったりします。

でもまた楽しい企画で短編書いてみたいな
と思っています。

これを機会にこれからもよろしくお願いしますね

じ@@@。さま

コメントありがとうございます

今回ご一緒できて楽しかったです。
短編はじめで難しかったですが
書き上げてみると

またこういうのが書きたいな、と今は思っています。

ご一緒させていただいた皆さまの
今までのお話もとても面白くて

いろいろ読ませていただいています。

また感想もお話させてくださいね

こちらこそこれからも仲良くさせていただけると
うれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム